ニキビ跡を治したい!正しいお手入れ方法3つ

保湿をしっかりとする

ストレスや食生活の乱れなどが原因で出てしまうニキビですが、場合によってはニキビ跡が残ってしまうこともあります。では、ニキビ跡をきれいに治すためには、いったいどのようなケアをすると良いのでしょうか。まずは、保湿をしっかりとするということが重要です。肌が乾燥をしていると、それだけ外的要因に対しての耐性がなくなってしまいますので、ニキビ跡が中々治らないという状態に陥ってしまうのです。乾燥が進むと、余計に酷くなってしまうこともあります。

肌を日に焼かないこと

次に、肌を日焼けから防ぐことが重要になってきます。紫外線というのは肌の細胞を壊したり、シワやシミを増長させる効果を持っていますので、ニキビ跡に紫外線が当たると、余計に劣化してしまうのです。ですので、少しでも太陽の光を感じるような日には、日傘をさして日焼け止めを塗るようにしましょう。肌に負担をかけないためには、オーガニック素材のものやSPF値の低いものを選ぶと良いでしょう。こまめに塗りなおすことも忘れないようにしましょう。

ビタミン類を摂取する

続いて、ニキビ跡をきれいに治すためには、ビタミン類を積極的に摂取するということが大切です。ビタミン類というのは、美白効果もありますし、ニキビ跡といった肌のトラブルも解決してくれるのです。外から何かをするだけでなく、身体の内側から自然治癒力を高めてあげることも、ニキビ跡を消すことにります。特にビタミンCが有効なので、グレープフルーツなどの柑橘類やイチゴを多く摂取しましょう。

ニキビ跡の治療には、レーザーでしみを薄くする方法があります。皮膚科、美容皮膚科で施術してもらう事ができます。ビタミンには赤みをとる効果があるので、ビタミン入りの美容液や化粧品が効果的です。