鼻用プロテーゼを安全に挿入!夢のような高い鼻へ…

鼻の中に入れても安全?

美容整形のクリニックでも、相談に訪れる患者さんが多いのが鼻に関する整形です。鼻筋を高くするために専用のプロテーゼを入れる手術がよく知られています。プロテーゼは人体に存在する軟骨に似せた、シリコン製のものが一般的に用いられているので、顔に人工物を入れてもいいのか心配している人も大丈夫です。シリコンプロテーゼは心臓用の人工弁などにも使われているほどなので、安全性には問題はありません。

プロテーゼの形と高さ

なるべく整形したと気づかれにくく、鼻への負担が少なくするために、事前カウンセリングでプロテーゼの形と高さを選択します。純粋に鼻筋を高くするだけなら、I型プロテーゼの方が鼻先の皮膚に負担もかからず、顔の違和感もありません。I型でも充分鼻筋の通った顔に変身できますし、目と目の幅を小さくすることも可能です。鼻先の形が気になる場合は、耳の軟骨を移植する手術があるので、これを後で行えばいいでしょう。鼻先の形も矯正したい場合はL型プロテーゼの出番です。医師の技量に関係なく鼻筋を高くできますが、仕上がりが不自然になる恐れもあります。L型を加工して作られるバード型プロテーゼなら、鼻先の皮膚への負担が軽減されるので、鼻筋を高くしてもナチュラルです。プロテーゼの高さは、患者さんの本来の鼻や顔のEラインの比率を踏まえて、個別に調整してくれますよ。

顔の傷跡は目立つの?

プロテーゼを入れる手術は、鼻の表面ではなく穴をメスで切開します。だから、プロテーゼを入れたり、修正の為に取り出すときにも傷跡を気にしなくてもいいんですよ。

フォトフェイシャルの施術の魅力として、数多くのエステサロンの看板メニューであることはもちろん、肌に優しいというメリットがあります。